グランピングリゾート ヨーカブシ

沖縄のグランピング施設のおすすめ人気10選!海辺の絶景やリゾート気分を味わえる

青い海と空の境目はどこにあるのか分からない、それが沖縄県のイメージでしょう。シュノーケリングやダイビングで海に潜れば、鮮やかな魚たちが泳ぎ、優雅に泳ぐマンタやウミガメなどにも出逢えるチャンスがあります。沖縄本島だけでなく、宮古島や南大東島など秘境と楽園の魅力を併せ持つ島々も忘れてはいけません。海とガジュマルの林の島でどう過ごせば良いのか分からなくても大丈夫。到着すればやりたいことが多すぎて、休んでいる時間などないでしょうから。

沖縄の観光や見どころ


沖縄には目の前に碧く輝く海がありますが、ダイビングをしなくても巨大なジンベイザメに出逢える場所があります。「沖縄美ら海水族館」は那覇から車で約2時間ほど、海洋博公園内にあり北部へ足を延ばすなら逃せない観光スポットです。沖縄県を紹介するテレビ等でも必ず登場する「国際通り」は、沖縄の魅力が凝縮しているといっても過言ではありません。那覇空港から車で約15分、ほかにバスやモノレールなどアクセスが良く1,6km続く商店街は必ず欲しい物が見つかるでしょう。

沖縄のおすすめグランピング施設10選

グランピングリゾート ヨーカブシ(石垣島)

グランピングリゾート ヨーカブシ

石垣島北部にある満天の星空を体感できる石垣島初のグランピング施設

グランピングリゾート「ヨーカブシ」は石垣空港から車で20分という、好アクセスの地にありながら自然たっぷりの環境です。ヨーカブシという名は沖縄の言葉であ「明けの明星」を意味しています。施設は炎をテーマとした門をくぐると目の前にはグランピングレストランが現れ、宿泊する部屋はモダンバリをイメージした家具が設えてありおしゃれで居心地も抜群です。部屋のタイプは「コンドミニアム・ヴィラ」「オーシャンビュー・コンドミニアム2LDK」「オーシャンビュー・スタンダードツイン」があります。夕刻が近づくとランタンや炎が灯され、南国のムードも最高潮に。バーベキュー炎空のメニューは「石垣牛」や「島野菜」など、地元で育てた食材を使用し繊細で豪快な料理が並びます。

施設名 グランピングリゾートヨーカブシ
住所 沖縄県石垣市伊原間字伊原間2-737
アクセス <車でのアクセス>
石垣市内・空港から国道390号線経由約30分、石垣港から約35分
<公共機関でのアクセス>
東運輸・東回り線「玉取崎」下車、徒歩約5分
駐車場
料金 航空券付き素泊まりプラン「スタンダードツイン」40,600円/人、コンドミニアム42,800円/人、オーシャンビュー・コンドミニアム44,800円/人
公式HP http://yokabushi.jp/

うるまドーム

モンゴル遊牧民の「ゲル」を彷彿とさせる独立したドーム型宿泊施設

うるま市から海を渡る1本の道を走ると、そこには沖縄の抜けるような青い空に映える白いドームが見えてきます。うるまドームはそれぞれの部屋が独立しているので、プライバシーの確保は完璧です。ドームのなかで聞こえてくるの波の音だけ、目の前の澄んだ海を楽しめます。ドームにはそれぞれ惑星の名前が付けられ、内装もその惑星に合わせた色使いがされ地球であれば青が基調となり、火星は茶系というように少しずつ違います。キッチン設備は3口コンロや冷蔵庫などが揃っていますが、近くに食堂やカフェなどもあり地元の味に舌鼓を打つのも忘れられない体験になります。ドームから平安座島など島々へ渡るのも車で約10分ほど、島へは橋で結ばれているのでぜひ遠出をしてみてください。

施設名 うるまドーム
住所 沖縄県うるま市与那城饒辺1007-7
営業時間 チェックイン:16:00
チェックアウト:11:00
アクセス <車でのアクセス>
那覇空港から沖縄自動車道を経由約1時間10分
駐車場
料金 1泊1名12,000円
公式HP https://urumadome.com/

RuGu ルーグー グランピングリゾート宮古島(宮古島)

RuGu ルーグー グランピングリゾート宮古島(宮古島)

大自然が残る宮古島の来間島にあるグランピング施設

来間島はまるで前人未到の密林に足を踏み入れたような、緑生い茂る秘境のような場所です。その地形を活かすために、グランピング施設「RuGu」ではトレーラーハウスを利用しています。ルーフトップを開ければ潮の香りを含んだ風が室内を吹き抜けて行き、南国に居る実感をさらに盛り上げてくれるでしょう。トレーラーハウスの前にはウッドデッキが設えられ、ここで朝日や夕日を眺めながらおしゃべりやコーヒーを楽しむことも出来ます。トレーラーハウスとはいえ室内は広々としていて、寛げるリビングとコンパクトながら使い易い水周りなど生活する上で必要なものは全て整っています。グランピングディナーコースではアグー豚など、味覚で来間島を体験してください。

施設名 RuGu ルーグー グランピングリゾート宮古島
住所 沖縄県宮古島市下地来間156-71
営業時間 チェックイン:15:00〜21:00
チェックアウト〜10:00
アクセス <車でのアクセス>
宮古島空港から約20分、みやこ下地島空港から約45分、
駐車場
料金 スタンダードルーム4名利用18,000円/人、グランピングディナーコース4,500円/人
公式HP https://www.rugu.co.jp/

美ら海ビレッジ

美ら海ビレッジ

美ら海水族館近くにあるグランピング施設

美ら海ビレッジのグランピングテントは直径5mと、大人が4人入っても広々とした空間を確保しています。室内は「Nature Green」「 Sea Blue」「Passion Red」とそれぞれの色で統一され、かわいらしい雰囲気です。食事は「スタンダードコース」「やんばるコース」「あぐーコース」「あぐー鍋コース」などがあり、事前の予約が必要です。朝食も事前予約をしておけば、ポーク卵・季節のサラダ・じゅーしーおにぎり・スープ・ミニデザートでヨーグルトかゼリーが頂けます。澄んだ水を湛える海が目の前のアクティビティとしては、水納島でのシュノーケリングやダイビングを楽しめるほか、車で5分で美ら海水族館の水槽で泳ぐジンベイザメと出逢えます。

施設名 美ら海ビレッジ
住所 沖縄県国頭郡本部町豊原242-1
アクセス <車でのアクセス>
那覇空港から沖縄自動車道経由「許田I,C」→国道58号線→国道449号線→浦崎交差点左折→県道114号線→美ら海水族館を目指す約1時間45分、
<公共機関でのアクセス>
那覇空港から「やんばる急行バス」約2時間10分、または「沖縄エアポートシャトル」約2時間~3時間、バスを降りてから徒歩約10分
料金 素泊まりグランピングテント4人利用4,000円/人、やんばるコース食事付き2名利用13,000円/人、あぐーコース食事付き2名利用14,000円/人
公式HP https://xn--p8jtctewau.com/chura/glamping/

ハーフグランピング 星音

ハーフグランピング 星音

今帰仁城跡から9kmの場所にある庭園が美しいグランピング施設

グランピングを楽しみたいけれど、快適なエアコンの部屋も捨てがたい。そんなわがままを叶えてくれるのが「half glamping星音」です。宿泊施設はコンドミニアム1つにグランピング用テントが付いているので、良い部分の良いとこ取りです。コンドミニアム内にはベットが4つあり、キッチンや洗濯機なども備えれているので長期滞在にも最適でしょう。テントの中には小さな電球で装飾され、女性が泣いて喜ぶフォトジェニックな空間が演出されています。食事は近隣の絶品洋食店やバーガー店で食べる方法や、星音セットというバーベキューメニューを予約することも可能です。アクティビティを楽しむならビーチサイクリングやバギー、それに古宇利ブルーを望むオーシャンタワーがおすすめです。

施設名 ハーフグランピング 星音
住所 沖縄県国頭郡今帰仁村湧川1273-5
営業時間 チェックイン:15:00〜23:00
チェックアウト:10:00
アクセス <車でのアクセス>
那覇空港から約90分
駐車場
公式HP https://sites.google.com/site/hghoshioto/home

ウッドペッカー今帰仁

ウッドペッカー今帰仁

ちゅら海水族館から車で7分、沖縄北部の観光拠点にも最適な今帰仁村にあるトレーラー型の宿泊施設

ウッドペッカー今帰仁のグランピング施設は、トレーラーハウスを利用した宿泊形式です。トレーラーハウスにはシングルベット1台にセミダブル・二段ベットがあり、家族や友人同士でゆったりと泊まれます。このほかセミダブルベットが1つのツインルームや、シングル2つにダブル1つのトリプルルームなど5タイプあり、2室限定ですがペット同伴可能なトレーラーハウスも用意されているます。さらに1日1組利用可能なカラオケバスが導入され、レストランメニューのあぐー入りチーズバーガーやタコスピザなどのオーダーも出来ます。全室エアコンやトイレ・シャワーが備えられ、快適な沖縄生活を送れます。多種多様なアルコールも揃っているので、夜のお楽しみも十分です。

施設名 ウッドペッカー今帰仁
住所 沖縄県国頭郡今帰仁村今泊681
営業時間 チェックイン:15:00
チェックアウト:11:00
アクセス <車でのアクセス>
那覇空港から1時間35分
駐車場 有り(無料)
料金 素泊まりDXファミリールーム2名利用8,823円~/人、朝食付きDXファミリールーム2名利用10,096円~/人、ペット可ツインルーム2名利用7,927円~/人
公式HP https://woodpecker-nakijin.com/

やんばるロハス(YANBARU LOHAS)

やんばるロハス(YANBARU LOHAS)

やんばるの森と海に囲まれた2000坪のプライベートリゾート

約2000坪の敷地を持つプライベートリゾートの「やんばるロハス」は、都会での忙しさを忘れさせてくれる自然の雄大さを感じられます。宿泊施設は「プライベートヴィラ」「ルームたましだ」「ログハウス」が用意され、食事はやんばるロハスカフェで地元の食材を使った美味しい料理を堪能できます。やんばるロハスの敷地内には馬・犬・猫・ニワトリ・インコなど多種の動物が暮らしています。周辺ではほとんどプライベートビーチのようなウッパマビーチや海の碧さが印象的な辺戸岬、それにやんばるの森をトレッキングするなどさまざまな過ごし方が可能です。澄み切った海へカヌーで漕ぎ出し、迷路のように入り組んだマングローブの林を探検するのもおすすめです。

施設名 やんばるロハス(YANBARU LOHAS)
住所 沖縄県東村慶佐次167-2 ウッパマ倶楽部内
アクセス <車でのアクセス>
那覇空港から沖縄自動車道経由→東村まで約1時間45分
公式HP https://yanbaru-lohas.com/

ウッパマビーチ&ファームグランピングリゾート

手つかずの自然あふれる美しいビーチから30秒の位置にあるグランピング施設

ウッパマビーチは沖縄本島でウミガメが産卵をする、唯一残された美しい浜辺です。東村にあるウッパマビーチは西側の海岸線とは違い開発されず、人で賑わう人気の施設がないからこその贅沢な時間が流れています。ビーチの横にあるファームにはグランピングテントや、多目的スペース・半露天風呂などの設備が整っています。何もないとはいえ、することが何もないのではありません。朝日を浴びながらのヨガや静かなビーチを心行くまで散歩し、疲れたら座って波を眺めているだけでも気持ちが不思議と落ち着きます。日が落ちてから白々とした月の光を浴びながら、海水浴と洒落てみてはいかがでしょう。夜空には満天の星が散りばめられ、見たこともない世界と出逢えます。

施設名 ウッパマビーチ&ファームグランピングリゾート
住所 沖縄県国頭郡東村慶佐次367-1
駐車場
料金 基本料金1泊36,000円(4名まで)
公式HP http://theout.jp/04/

eco stay 東村

穏やかで透き通った東海岸とやんばる国立公園の山々に囲まれたグランピング

那覇空港から車で約1時間35分ほど行ったところにある「eco stay 東村」は、別世界の入口です。西側よりも開発されていないため、人であふれることもなく、ここには昔ながらの沖縄の自然が残っています。鮮やかな色の花が咲き乱れ、見渡す限りのパイナップル畑の情景。透きとおる海の水や山原(やんばる)と呼ばれる緑の森はなにものにも変えられない貴重な存在です。そんな東村の宿泊施設は空の青さを強調するコンテナハウスです。グランピング施設では珍しい和室造りで、室内にはトイレとシャワールームが備わっています。夕食は基本ありませんが、共有設備スペースにバーベキューエリアで地元の食材を調達して沖縄を満喫しましょう。

施設名 eco stay 東村
住所 沖縄県国頭郡東村字有銘1033-2
営業時間 チェックイン:15:00〜20:00
チェックアウト:11:00
アクセス <車でのアクセス>
那覇空港から1時間35分、名護市から35分
駐車場
料金 1泊2名利用朝食付き11,000円
公式HP http://www.eco-stay.jp/higashi/

MATAYOSHI COFFEE FARM

コーヒー農園で楽しむグランピング

又吉コーヒー農園は東京ドーム2つ分の敷地に、コーヒーやバナナ・パパイヤ・マンゴーなどが栽培されています。グランピング施設はコテージで、スタンダードルームとデラックスルームの2つから選べます。童話に登場する妖精の家のような三角のとんがり屋根を持ち、デラックスルームにはロフトや暖炉、屋外のジャグジーバスなどが備わっていて優雅な時間を過ごせそうです。又吉コーヒー農園に宿泊する特典として、11月から5月であればコーヒー果実の収穫から生豆の加工、豆を自分で焙煎して淹れるすべての過程を体験出来ます。コーヒーの花の香りや果実の甘さも忘れられない旅の思い出になるでしょう。ここでしか味わえない、絶品の手づくりのマンゴーかき氷やマンゴージュースは必ず食べるべし。

沖縄のグランピングをもっと楽しもう!

沖縄県は海とガジュマルの林を持つ、不思議な楽園です。水はどこまでも青く宝石のように輝き、海のなかにも色とりどりの魚たちが泳いで私たちを歓迎してくれます。自然の魅力はあふれ、都会で暮らす人々に安らぎを与えてくれる場所でもあるでしょう。沖縄のグランピング施設といって多種多様な様相を持ち、どんな楽しみ方をしたいのか選び方も難しいかもしれません。沖縄を初めて訪ねる場合は、まずは「えいやっ」と足を踏み入れてしまうのが正解です。

     

おすすめのグランピング施設