PICAさがみ湖

神奈川のグランピング施設のおすすめ12選!日帰りOKで都心からアクセスも良好

神奈川県には横浜という観光都市に丹沢といった山や、太平洋に面した海があります。観光客で1年中賑わう湘南の海・鎌倉の小町通りに中華街、伝統的な造園術を駆使した三渓園、日本国内でも珍しい屋上庭園を有するランドマークタワーなど、訪れてみたい場所はたくさん存在しています。夏には登山や海水浴、それに箱根・湯河原などの温泉街と宿泊施設も多彩でしょう。どんなグランピング施設が発見できるか、じっくりとご紹介します。

神奈川の観光のおすすめは?


みなとみらい21はかつて造船所や鉄道用地として使われていた場所を、大きな観覧車を有するアミューズメント施設や商業・オフィス・文化・住宅などを集積した地域です。美術館やパシフィコ横浜、クイーンズスクエアを訪れる人々で賑わいを見せます。横浜・八景島シーパラダイスには107mの高さから急降下する絶叫マシンや水族館があり、大人も子どもも1日居ても足りないくらい楽しめる施設です。赤レンガ倉庫は当時最新の技術を使い、鉄と煉瓦が見事に融合した構造物です。これらは歴史的建造物として1号館は自由な発想でホールを有する文化施設として、2号館はクラッシックとモダンが渾然一体となった買い物を楽しめる商業施設に生まれ変わりました。

神奈川のグランピング施設のおすすめ12選

THE OUT Oceanview Glamping

THE OUT Oceanview Glamping

海を見ながら貸切の自然を堪能できる鎌倉にあるグランピング施設

知る人ぞ知る、鎌倉のグランピング施設の老舗「The Out」。稲村ヶ崎駅から徒歩5分の高台にあり、眼下には輝く海が広がっています。周囲には住宅街ですが、施設内は木に囲まれまったくそんなことは感じさせません。寝室となるベル型のワンポールテントにはベットが2つにテーブルがあり、その外側にコーヒータイムが優雅になるガーデンテーブル・ソファが設けられています。こちらのウッドデッキは広いので、朝日を浴びながらのヨガに最適です。森のキッチンはテントから一本道を歩いた場所にシンクなどが完備されており、このほかにBBQグリルもあります。森のなかに置かれたバストイレは、NASAが開発した最先端のアースパック工法で製作されています。

施設名 THE OUT Oceanview Glamping
住所 神奈川県鎌倉市稲村ヶ崎2-1-25
営業時間 チェックイン:14:00〜17:00
チェックアウト:11:00
駐車場
料金 グランピングテント2名利用39,000円
公式HP http://theout.jp/01/index.html

snow peak glamping 京急観音崎

snow peak glamping 京急観音崎

世界的建築家「隈研吾氏」がデザインを手がけたモバイルハウス「住箱」をはじめ、 スノーピーク製品に囲まれた贅沢なアウトドア体験ができるグランピング施設

三浦半島の最東端、東京湾を一望する高台に「snow peak glamping京急観音崎」があります。グランピングはスノーピークと隈研吾氏のコラボレーションである「住箱」、室内はベットからもソファーからも青い海を眺められます。屋外には白いタープの下にテーブルとイスがセットされ、夜は焚き火をしながらワインやウイスキーをゆっくりと味わう時間にしてみては。食事は三浦半島の食材をふんだんに使った、観音崎に居なければ食べられないものばかり。食材を自分で焼くのもアウトドアの醍醐味のひとつです。目の前が海であるだけにアクティビティも豊富で、楽しんで汗をかいたら隣接する温浴施設「SPASSO」を利用できるのも嬉しいサービスでしょう。

施設名 snow peak glamping 京急観音崎
住所 神奈川県横須賀市走水2
営業時間 チェックイン:14:00
チェックアウト:11:00
アクセス <車でのアクセス>
横浜横須賀道路経由「馬掘海岸IC」から約5分
<公共機関でのアクセス>
京急線「馬堀海岸駅」から観音崎行きバスで約10分、無料シャトルバス「ホテル・SPASSO」行き
駐車場
料金 「住箱」1室2名利用54,000円・3名利用78,000円、【金・土・祝日】2名利用62,000円・3名利用90,000円
公式HP https://www.kannon-kqh.co.jp/lp/glamping/

里楽巣 RELAX

里楽巣 RELAX

都心から1時間半!日比谷花壇がプロデュースしているグランピング施設

「里楽巣 RELAX」はあの日比谷花壇が、こだわりを持って造り上げたグランピング施設です。自然豊かで穏やかな空気が流れる「里」・ゆったり寛げて遊びも充実の「楽」・そして、心静かに落ち着いて過ごせる「巣」をコンセプトに、非日常の時間と空間で上質なリラックスを堪能できる施設として誕生しました。広めのウッドデッキ上に配されたドーム型の部屋は、リビングルームのようにラグが敷かれた洋室「ECRU」と、ゴロゴロ和める畳みの和室「RURI」があります。大きな窓からは藤野の山々が眺められ、冬はこたつも準備されているので自分の家に居るような心地よさです。食事は藤野産の食材にこだわり、季節ごとにシェフが監修・調理した滋味たっぷりの「和」と「洋」のコースが提供されます。

施設名 里楽巣 RELAX
住所 神奈川県相模原市緑区牧野4611-1
営業時間 チェックイン:15:00〜17:00
チェックアウト:8:00〜11:00
アクセス <車でのアクセス>
相模湖ICから約10分
<公共機関でのアクセス>
JR「藤野駅」から車で約8分、またはバス「野11・野12」で中尾バス停下車
駐車場
料金 1室2名利用【レギュラーシーズン】42,000円~・【ハイシーズン】60,000円~
公式HP https://hibiya-stay.com/relax/

上郷・森の家

上郷・森の家

横浜自然観察の森や金沢動物園に隣接した豊かな自然のなかにある研修・宿泊ができる施設

車で都心から約1時間ほどの場所、そこにゆったりと過ごせるグランピング施設「上郷・森の家」はあります。グランピングサイトAは見晴らしの良いウッドデッキに、「OGAWA」のベージュ系ベル型テントとタープが張られています。グランピングサイトBはアウトドア予約サイトの「なっぷ」と「OGAWA」が開発した、オリジナルの濃茶系テントと寝具になります。3つだけのグランピングサイトでは街中にもかかわらず小鳥のさえずりや風の音に包まれ、春には山桜が辺りをピンクに染め上げます。食事は食材を持ち込んでBBQを楽しんだり、施設内にあるカフェレストランでビュッフェ料理や、神奈川県産の食材を使った石窯焼き料理なども提供されます。

施設名 上郷・森の家
住所 神奈川県横浜市栄区上郷町1499-1
営業時間 チェックイン:15:00
チェックアウト:10:00
アクセス <車でのアクセス>
横浜横須賀道路「朝比奈IC」→環状4号線でトンネルをくぐり2つ目の信号を「上郷・森の家入口」を右折
<公共機関でのアクセス>
京浜急行「金沢八景駅」→神奈川中央交通バス「大船駅行き・上郷ネオポリス行き」で「森の家前」下車・徒歩7分
駐車場
料金 キャンプサイト付きデッキサイト12,000円/人~、グランピングサイトA・B15,000円/人~
公式HP http://kamigo-morinoie.com/

長井海の手公園 ソレイユの丘

長井海の手公園 ソレイユの丘

四季折々の作物の収穫やかわいい動物たちとのふれあいを体験ができる三浦半島の小高い丘にある体験型の総合公園

「長井海の手公園 ソレイユの丘」ではスタイルキャビンとバンガローに宿泊できます。スタイルキャビンは軽量鉄筋構造でエアコンやWeberBBQコンロなどが完備され、専用のデッキもあり外で過ごす時間もゆっくりできます。バンガローは大25㎡と小20㎡の木造で、キャンプが超初心者でも安心して宿泊できるでしょう。ソレイユの丘では全長730mのゴーカートコースや、全長44mの芝そりゲレンデなどで思いっきり遊べます。15種類あるおもしろ自転車に乗っったり、観覧車やメリーゴーラウンドなどで子供時代に戻ってみるのも心のリフレッシュになります。遊びつかれた身体を癒してくれるのは海鮮を満喫出来る「浜焼きレストラン」と「アラカルト」、そして温浴施設「海と夕日の湯」です。

施設名 長井海の手公園 ソレイユの丘
住所 神奈川県横須賀市長井4
営業時間 チェックイン:13:00~17:00
チェックアウト:10:00
アクセス <車でのアクセス>
三浦縦貫道路「林」出入口から約10分
<公共機関でのアクセス>
京浜急行「三崎口」から京急バス「ソレイユの丘」行き、または「荒崎」行きで「漆山」下車・徒歩約650m
駐車場
料金 オフシーズン「スタイルキャビン」19,000円、「バンガロー」大11,000円・小10,000円
公式HP https://www.seibu-la.co.jp/soleil/

ウェルキャンプ西丹沢

西丹沢の渓流沿いの山間部の大自然の中にある敷地面積約100万平米の広大なキャンプ場

登山客で賑わう神奈川県の丹沢地域に「ウェルキャンプ西丹沢」はあります。敷地内には中川が流れ、宿泊施設はログハウスとコテージが用意されています。コテージは屋根ウッドデッキがあり、夜は天体観測が楽しめそうです。コテージにはお風呂がないのですが、別棟にシャワーや家族風呂があります。ログハウスはキッチンやバス・トイレが完備され、食材を持ち込んでワイワイと料理の腕を振るえます。こちらには焼き立てのパンを販売してくれる直売所もあり、朝食に香ばしいクロワッサンや塩バターパン、それにサラダなどのメニューがいただけます。また釣り堀が常設していて、レンタルで全て揃えて手ぶらの釣りを楽しんだ後は、そのまま焼いて食べる醍醐味を体験できます。

施設名 ウェルキャンプ西丹沢
住所 神奈川県足柄上郡山北町中川868
営業時間 チェックイン:13:00〜17:00
チェックアウト:11:00
アクセス <車でのアクセス>
大井松田IC→R246号線「清水橋」→約25分「ウェルキャンプ西丹沢」
<公共機関でのアクセス>
JR御殿場線「御殿場行き」で「谷峨駅」下車→富士急バス「西丹沢行き」で終点「西丹沢ビジターセンター」下車徒歩約1分
駐車場
料金 オフシーズン「コテージ」9,500円・「ログハウス」25,000円、オンシーズン「コテージ」13,900円・「ログハウス」30,000円
公式HP https://well-camp.com/

PICAさがみ湖

PICAさがみ湖

さがみ湖リゾートプレジャーフォレストの丘にあるキャンプ場

林に囲まれ相模湖の湖畔に佇む「PICAさがみ湖」には、ログキャビンやトレーラーハウス・セットアップテントなどの豊富な宿泊施設が用意されています。トレーラーハウスの「ロイヤルスリーパー」には冷暖房やキッチン・バストイレが完備され、屋外には屋根付きの広いデッキが設けられハンモックや焚き火台が置かれています。「PICAさがみ湖」には楽しい遊びもたくさん、「ストライダー」ではコブや傾いたバームなどのストライダー専用コースを駆け抜けます。そして遊園地には絶叫吊橋や巨大クライミングアクション「マッスルモンスター」など等、そして遊び疲れた身体に嬉しいのは1000ppmの高濃度炭酸泉、免疫力アップや血行促進など疲れた身体にじんわりと効果を感じられる温泉です。

施設名 PICAさがみ湖
住所 神奈川県相模原市緑区若柳1634 さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト内
営業時間 チェックイン:14:00〜19:00
チェックアウト:10:00
アクセス <車でのアクセス>
中央道「相模湖東IC」から約7分、→国道20号線を左折→相模湖駅前・信号を左折し相模湖プレジャーフォレスト入口
<公共機関でのアクセス>
JR中央線「相模湖駅」下車・バス約8分、JR・京王線「橋本駅」下車・三ヶ木乗換え約35分
駐車場
料金 素泊まり「トレーラーコテージ」10,100円~13,600円、「ログキャビン」7,400円~8,900円、「セットアップテント」5,300円~6,600円
公式HP https://www.pica-resort.jp/sagamiko/

小田原市いこいの森

約20ヘクタールの広大な森林内あるキャンプ場

箱根の外輪山の麓、静けさが染み渡る森のなかにある「小田原市 いこいの森」は都心からのアクセスも良いグランピング施設です。森のなかには清流が流れ、水の音に耳を傾けているだけでも心が落ち着いていくのが分かるはず。宿泊施設はウッドデッキで繋がるタイニーキャビンや、天窓やインナーデッキが付いているバンガロー。それに手ぶらキャンプではコールマンとオガワのグランピングテントが、芝生の上に常設されています。特徴的な宿泊施設はテントでもなくキャビンでもなく、ましてやログハウスでもない「camp pod」です。丸い姿はどこか絵本のなかの「こびとの家」のよう。3枚のパネルから90個のモジュールで構成される「camp pod」は旅の思い出に、ぜひ泊まってみたい家です。

施設名 小田原市 いこいの森
住所 神奈川県小田原市久野4294-1
営業時間 チェックイン:14:00
チェックアウト:11:00
アクセス <車でのアクセス>
東名高速道路「厚木IC」→小田原厚木道路へ乗換え「荻窪IC」下車→信号右折約3分、国道1号線「早川口」交差点左折→「青橋東側」交差点左折→「青橋」交差点右折→「小田原税務署西」交差点左折→「荻窪IC」を通過1,6km先「小田原こどもの森公園わんぱくらんど駐車場」着
<公共機関でのアクセス>
小田原駅西口ロータリー3番のりば「箱根登山バス」で終点「いこいの森」下車・徒歩約7分
駐車場
料金 「camp pod」24,000円~、「よせぎキャビン<A><B><C><D>」18,000円~、「よせぎバンガロー」28,000円~、「手ぶらキャンプ(coleman)」14,000円~、「手ぶらキャンプ(OGAWAグロッケ24)」24,000円~
公式HP https://www.ikoi-odawara.com/

芦ノ湖キャンプ村

泊まる・食べる・遊ぶを一度に楽しむことができる箱根芦ノ湖畔にある唯一のキャンプ場

富士箱根伊豆国立公園内に位置する「芦ノ湖キャンプ村」は、敷地面積2万坪を有する箱根芦ノ湖畔の唯一のキャンプ場です。都心からも約2時間ほどとアクセスが良いので思いついたらすぐに出かけられる距離、そして四季折々の景色を楽しめる林に囲まれた別荘のようなコテージがケビンが用意されてるので、アウトドアでの準備などは必要ありません。レンタルサイクルを利用すれば、輝く湖面を眺めながら自転車でサイクリングを楽しめます。秋には仙石まで足をのばして、ススキ原をせび思い出の1枚に残して下さい。夜はキャンプファイヤーで盛り上がり、食事は季節ごとの食材が揃うBBQでお腹を満たし、1日の終わりはお風呂に使って疲れを翌日に残さないように休ませましょう。

施設名 芦ノ湖キャンプ村
住所 神奈川県足柄下郡箱根元箱根164
営業時間 チェックイン:15:00〜20:00
チェックアウト:10:00
アクセス <車でのアクセス>
東名高速道路「御殿場IC」から約30分→「乙女峠」→芦ノ湖キャンプ村、「箱根IC」から約40分→「仙石原」→芦ノ湖キャンプ村
<公共機関でのアクセス>
小田原駅東口4番のりば「桃源台行き」バスの終点から徒歩約10分、
駐車場
料金 ケビン(独立タイプ)25,000円~40,000円・(連立タイプ)20,000円~35,000円・(バリアフリータイプ)12,000円~21,000円
公式HP https://campmura.com/

西丹沢マウントブリッジキャンプ場

西丹沢山系のふところに位置する、大自然と触れ合えるキャンプ場

丹沢湖を北上して西丹沢山系のふところに包み込まれた「西丹沢マウントブリッジキャンプ場」では、澄んだ空気と透明な川の流れ、そして満天の星空に出会える場所です。宿泊はバンガローとクルーザーを利用した船バンガローが用意されています。別棟に男女別のお風呂がありますが、近くに中川温泉「ぶなの湯」がありますので遊びつかれた身体をゆっくりと湯船で癒せます。川ではヤマメやイワナなどのつかみ取りや魚釣りに挑戦、上手く釣れたらすぐにお肉と一緒にBBQでこんがりと焼いておいしくいただきましょう。澄み渡った空気の丹沢では、空のどこかで流れ星が見える可能性が高いのです。眠い目を擦りながら、少しだけ夜更かしを楽しんでみませんか。

施設名 西丹沢マウントブリッジキャンプ場
住所 神奈川県足柄上郡山北町中川867-7
営業時間 チェックイン:11:30
チェックアウト:11:00
アクセス <車でのアクセス>
東名高速道路「大井松田IC」→国道255号線経由→国道246号線を御殿場方面へ→清水橋信号右折→県道76号線を北上→「中川温泉」を通過→富士急バス「西丹沢」停留場すぐ
駐車場
料金 船バンガロー1棟7,000円、バンガロー1棟17,000円~20,000円
公式HP https://mount-bridge.com/

桐花園キャンプ場

木漏れ日が優しい影を落とす「桐花園キャンプ場」には、バンガローやコテージ・キャビンといった宿泊施設があります。木造の室内は木の温もりが感じられ、ゆっくりと休むのに最適でしょう。利用人数は1人でもログキャビンならば20人ほどの大人数でも大丈夫な広さまで、いろいろと揃っています。こちらの施設には屋外・屋内に温水のプールがあり1年を通して利用可能、さらにキャンプファイヤー場なども設けられています。またニジマスなどの魚のつかみ取りや手作りうどん教室が開かれるほか、陣馬山や相模湖へハイキングに行くにも便利な場所です。藤野園芸ランドまで足をのばすとさつまいも掘りやクリ拾い、しいたけ狩りなどいつでもなにかを収穫できます。

施設名 桐花園キャンプ場
住所 神奈川県相模原市緑区佐野1822
営業時間 チェックイン:13:00
チェックアウト:11:00
アクセス <車でのアクセス>
中央自動車道「相模湖IC」から約20分
<公共機関でのアクセス>
JR中央線「藤野駅」からバスで約10分・「入間坂」で下車
駐車場
料金 バンガローS~L4,500円~17,000円、キャビンA23,000~25,000円・キャビンB28,000円・ログキャビン60,000円、コテージ30,000円
公式HP https://tokaen.jp/

藤野倶楽部

テニス・バーベキュー・貸し古民家、貸し農園などが楽しめる施設

農業法人「藤野倶楽部」は旧藤野町(現相模原緑区)で、古民家やグランピングテント・モンゴルのゲルを利用して農的な生活を体験してもらうための宿泊施設を運営しています。古民家は名倉エリアは菅井エリアにあり、黒光りしているどっしりとした太い柱と囲炉裏・薪ストーブなどが懐かしさを感じさせます。キャンピングカーやグランピングテント・ゲルは牧野エリアに設営され、アウトドアを体験している満足感はしっかりと残ります。牧野エリアには歩いて10分ほどで行かれる天然温泉もあり、特に秋や冬にはそちらで身体を温めることが可能です。食事は本格的韓国料理レストランの「百笑の台所」や、BBQをいただけます。季節の自家製スイーツなどもあり、丸鶏にもち米や漢方薬材・なつめなどを詰め込んでじっくり煮込んだ「サムゲタン」が人気です。

施設名 藤野倶楽部
住所 神奈川県相模原市緑区牧野4611-1・緑区名倉3743
アクセス <車でのアクセス>
新宿IC~相模湖ICで約60分、高井戸IC~相模湖ICで約40分
<公共機関でのアクセス>
JR中央線「藤野駅」下車・バスで約15分
駐車場
料金 無形の家(名倉エリア)28,800円、柚子の家(菅井エリア)40,000円、キャンピングカー(牧野エリア)18,571円、グランピングテント(牧野エリア)26,000円、モンゴルのゲル(牧野エリア)18,000円
公式HP https://fujinoclub.co.jp/

神奈川でもっとグランピングを楽しもう!

神奈川県には山と湖、川などアウトドアに適した場所が点在しています。丹沢では登山客が賑わいを見せますが、なかなか都心部に近いこともあり泊りがけで行く方も少ないかもしれません。ですがグランピング施設も色々とバラエティーに飛んでいて、こんな場所でこんな素敵な体験が出来たと自慢できるかもしれません。帰ることは出来るけれども、あえて1泊して流れ星や川の流れの音、翌朝の朝日の眩しさや小鳥のさえずりに気持ちをリフレッシュさせてみるのはいかがでしょう。

     

おすすめのグランピング施設