大阪のグランピング施設のおすすめ人気15選!日帰りOKや宿泊できる施設など

食い倒れの街大阪、この地域には海外の大型エンターテイメントスタジオや、たこ焼きをはじめとした粉物グルメなどたくさんの面白いこと、美味しいものが待っています。豊臣秀吉が築いた大阪城は現在公園として、街中心部にありながら緑を多く有し小鳥の声を楽しめる場所として府民の憩いの地となっています。また商売にも熱心な大阪でコンクリートのビルばかりの街から離れ、どんな魅力を持ったグランピングを満喫できるでしょうか。

大阪のグランピング施設の特徴や観光のおすすめは?


東京のディズニーランドと大阪のユニバーサルジャパンスタジオは、どちらもアメリカの代表的なエンターテイメントスタジオでしょう。ユニバーサルジャパンはオープン初年度に1,100万人の来場者があったことで話題となりました。ハリウッド映画を主題としたアトラクションやキャラクター達が走り回るなど、子どもから大人まで色々な楽しみ方が出来る観光スポットです。さらにレゴランド・ディスカバリー・センターは色鮮やかなレゴブロックが満載の、カラフルで想像力を刺激する体験型施設となっています。100万個のレゴブロックで大阪周辺の街並みを再現したジオラマや、自分だけのオリジナルレーシングカーを組み立てるレゴレーサーなどワクワク体験が出来ます。

大阪のグランピング施設のおすすめ15選

RECAMP りんくう

大阪府泉南市のSENNAN LONG PARK内にあるオートキャンプ場

目の前には海、そして空には離着陸する飛行機の姿を見られる「RECAMPりんくう」。泉南りんくう公園の敷地内には温泉施設や100以上のアスレチックが楽しめるハートスロブ、水上アクティビティー施設に展望台などが揃っていて遊び時間が足りないくらいです。そして「食」は徒歩1分の場所にショッピングモールがあり、さらに新鮮な魚が購入できる漁港まで徒歩15分で行かれます。また毎週土曜日には海のマルシェが開催され、キッチンカーも20店舗ほど参加します。グランピングは海辺に張られた縦10mに横17mの大型テントでの宿泊、テント内には寝袋やマット、テーブルなどが設けられています。オーシャンビューのサイトからは夕日百選にも選ばれた、きれいな日没が見られます。

施設名 RECAMP りんくう
住所 大阪府泉南市りんくう南浜3-201
営業時間 チェックイン:14:00〜18:00
チェックアウト:8:00〜11:00
アクセス <公共機関でのアクセス>
南海樽井駅から徒歩約10分
駐車場
料金 【カジュアルグランピングサイト】19,500円~、【Ogawa グロッケ24・オーシャンビュー】24,000円~
公式HP https://www.recamp.co.jp/rinku

安隠農園

大阪府豊能郡豊能町にある貸し農園で、BBQやDAYキャンプ場が楽しめる

「安隠農園」に到着してまず驚くのは山々の木々が見えること、大阪からさほど離れていないにも拘らず自然がいっぱいなのです。大阪府豊能地区にあるこちらは、家族連れ限定のキャンプ場です。グロッケ24は和製サファリテントで、天井までの高さが3,5mあり大人でも十分な余裕を持てる空間があります。棚田ビューグランピングでは里山と棚田が一望でき、テント内にもこだわりが伺えます。地元と国産の厚みがある畳が敷かれ、マットレスや羽毛布団の細部にまでオーナーのこだわりが感じられる温かな空間です。農園と銘打つだけに、新鮮な野菜の収穫体験もできます。ペットも同伴可能なので、ひとりだけ別にお留守番させる寂しさもありません。

施設名 安隠農園
住所 大阪府豊能郡豊能町川尻85
営業時間 チェックイン:15:00〜
チェックアウト:10:00
アクセス <車でのアクセス>
新御堂筋→箕面グリーンロード→423号線を北上→金石橋交差点右折すぐ、阪神高速池田線池田木部出口→423号線後同上
<公共機関でのアクセス>
阪急池田駅西口乗り場からバス「牧行き」で「北摂信愛園前」下車・徒歩約5分、または「希望ヶ丘四丁目行き」で「北摂信愛園前」下車
駐車場
料金 【グロッケ24・手ぶらプラン】38,000円~、【棚田ビューグランピングプラン】33,000円~
公式HP http://annon-nouen.com/

グランキャンピング パームガーデン舞洲

マイアミをイメージしたベイエリアで手軽にキャンプ体験ができる宿泊施設

海を眺めながらこだわりの食材を使ったBBQが楽しめる「グランキャンピング パームガーデン舞洲」。こちらではアメリカ製大型トレーラーハウスのエアストリームに宿泊出来ます。南国風の椰子の木が並び、青い海が広がるロケーションはほぼ外国です。BBQテラスの隣には「PALM TREE」というバーもあり、開放的な気分を満喫してください。こちらの施設からはユニバーサルスタジオジャパンを訪れるのにも便利、さらにモータースポーツを楽しめる「Amazing Kart ISK 大阪豊洲店」があります。地面スレスレを走るスピード感はF!レーサーの気分、ここでしか味わえないスリルです。そして遊び疲れた後は、立ち寄り温泉でがんばった身体を労わってあげましょう。

施設名 グランキャンピング パームガーデン舞洲
住所 大阪府大阪市此花区北港緑地2-3-57
営業時間 チェックイン:14:00〜19:00
チェックアウト:10:00
アクセス <車でのアクセス>
国道43号線→梅香交差点を西へ直進→此花大橋を渡る
<公共機関でのアクセス>
JR環状線「西九条駅」→ゆめ咲き線「桜島駅」→舞洲アクティブバス「ホテルロッジ舞洲」下車・徒歩約5分、地下鉄中央線「コスモスクエア駅」下車、バスで約15分
駐車場
料金 2名利用【シーサイドトレーラー】19,753円~、【スイートトレーラー】・【ファミリートレーラー】17,989円~、【スタンダードエアストリーム】10,935円~
公式HP https://www.hotelwbf.com/palmgarden/

URBAN CAMP HOTEL Marble Beach

マーブルビーチを目前にホテルに泊まる感覚でキャンプができる新しいスタイルのアーバンキャンプホテル

「URBAN CAMP HOTLE」の独立型ヴィラは全部屋がオーシャンビュー、浜辺まで朝の散策へ出かけられます。広いプライベートパティオにはBBQグリルなどが出来るアウトドアキッチンであると同時に、ダイニング・リビング・ジャグジーまでも設けられています。ヴィラの玄関ドアはカラフルな色で分けられ、室内にもそのイメージカラーに合わせたインテリアで装飾され女性のバカンス気分は間違いなく盛り上がるでしょう。また加湿器能付き空気清浄機やウォーターサーバーなども完備されていて、自分の家のように寛げそうです。グランピングのメインともいえるディナーは火力の強いチャーブロイルガスグリルを使い、分厚いお肉や季節の野菜を思う存分に味わえます。

施設名 URBAN CAMP HOTEL Marble Beach
住所 大阪府泉南市りんくう南浜4-201 泉南りんくう公園内
営業時間 チェックイン:17:00〜22:00
チェックアウト:10:00
アクセス <車でのアクセス>
阪神高速4瓦当湾岸線「泉佐野IC」から道なりに和歌山方面へ→「中部ポンプ場前」信号を右折、または阪和自動車道「泉南IC」から道なりに関西空港方面へ5km→「中部ポンプ場前」信号を左折
<公共機関でのアクセス>
南海本線「泉佐野駅」経由→各駅和歌山方面行きで「樽井駅」下車・タクシーで約8分、または「岡田浦駅」から徒歩約15分
駐車場
料金 素泊まり1棟【マリンブルー】【ピンク】【イエロー】【ライトブルー】12,000円
公式HP https://digiq.jp/bbq/marblebeach/

関西サイクルスポーツセンターキャンプ場

金剛生駒紀泉国定公園のあふれる緑に囲まれたキャンプ場

800台もの珍しい自転車に乗れる「関西サイクルスポーツセンターキャンプ場」は、金剛生駒紀泉国定公園内にあるキャンプ場です。大阪市内から1時間内で到着できますが、そこは緑あふれる癒しの空間となっています。キャンプ場は木で造られたコテージやバンガローが並び、室内にはIHミニキッチンとダイニングが設けられ、はしごで上がるロフトは畳み敷きなので疲れたらゴロゴロ出来ます。関西サイクルスポーツセンターでは高さ8m上空をサイクリングする「スカイサイクルウォーカー」や、迫力はジェットコースターにひけを取らない「サイクルコースターMOZZU-2」などここでなければ乗ることが出来ない、見たこともない面白自転車に出会えます。

施設名 関西サイクルスポーツセンターキャンプ場
住所 大阪府河内長野市天野町1304
営業時間 チェックイン:15:00〜
チェックアウト:9:30〜
アクセス <車でのアクセス>
阪和道「岸和田和泉IC」から約20分、南阪奈道路「羽曳野IC」から約30分
<公共機関でのアクセス>
南海高野線「河内長野駅」下車、近鉄南大阪線「古市駅」→近鉄長野線「河内長野駅」下車、4番のりば南海バス・7番のりば日野滝畑コミュニティーバス「滝畑ダム行き」で「サイクルセンター」下車
駐車場
料金 コテージ8名用20,000円~、バンガロー6名用16,000円~
公式HP http://www.kcsc.or.jp/

東大阪市立野外活動センター 自由の森なるかわ


敷地面積4万haの「東大阪市立野外活動センター 自由の森なるかわ」は、生駒山なるかわ園地内にあります。コナラやクヌギなどの広葉樹林に囲まれ、秋には色とりどりの紅葉を冬は水墨画のような雪景色を見ることができます。バンガローからは大阪市内を一望できる高台にあり、宝石のように輝く街の姿は見るべき価値があります。バンガローはカナダ産の木材を使った本格的なログハウスです。キッチンにシャワーやトイレも完備され、和室タイプやバリアフリータイプも用意されています。テント泊はモンベル製のムーンライトテントと、常設テントのフレッシュエアテントが準備されていますので、アウトドア感を高めたい方はこちらで風や日差しの柔らかさなどを感じて下さい。

施設名 東大阪市立野外活動センター 自由の森なるかわ
住所 大阪府東大阪市六万寺町1-1668
営業時間 チェックイン:14:00〜
チェックアウト:11:00
アクセス <車でのアクセス>
西名阪自動車道「柏原IC」から約40分
駐車場
料金 バンガロー1棟4,800円~9,600円、モンベル製ムーンライトドーム3,200円、フレッシュエアテント4,000円
公式HP http://camp-narukawa.com/

キャンピィだいとう(大東市立野外活動センター)

大阪市内から車で45分ほどの「キャンピィだいとう」は、大阪でも超穴場のキャンプ場です。生駒山麓にあり、空気は澄み渡り鳥のさえずりも聞こえてきます。野外テーブルとグラウンドにあるロッジは丸い屋根が特徴で、「赤アーチ」「青アーチ」「黄アーチ」「緑アーチ」「ネコハウス」の5種類、赤から緑は10人から15人用の大きさがあります。ネコハウスは4人用でワンフロア、赤アーチなどにはロフトが付いています。敷地内には子どもだけでなく大人も夢中になれるアスレチックや夜にキャンプファイヤーが楽しめるファイヤーサークルがあり、周辺には超炭酸泉や単純泉の温泉施設でゆっくりしたり、へら鮒センターの釣り堀などでも遊べます。

施設名 キャンピィだいとう(大東市立野外活動センター)
住所 大阪府大東市龍間1846
営業時間 チェックイン:16:00〜22:00
チェックアウト:10:00
アクセス <公共機関でのアクセス>
JR「住道駅」から車で約20分、または住道駅からバスで「龍間停車場」下車・徒歩15分
駐車場
料金 アーチハウス600円/人、テント400円/人
公式HP https://www.ysdnet.ne.jp/campground/

スノーピーク箕面自然館

大阪中心部から約40分!ダム湖の湖畔に位置するスノーピーク直営のキャンプ場

ダム湖湖畔に位置する「スノーピーク箕面自然館」は、こんなところにキャンプ場があるのかと驚きます。近くには大きなスーパーがあり、不安になりながら進むうちに突然キャンプ場が出現するといった感じです。アウトドアメーカーのスノーピークが運営するこちらでは手ぶらキャンプが行え、オールインワンテントやシュラフ・テーブルにチェアをはじめ、キッチンセット・クッカーセット・焚き火台・BBQグリルなど等、必要な道具は全て揃っています。またキャンプが初めての人へキャンプサポートプログラムなども用意されているので、さらに安心です。キャンプに持って行くのは食材だけ、それだけでもちょっと気軽にアウトドアに挑戦できるのではないでしょうか。

施設名 スノーピーク箕面自然館
住所 大阪府箕面市下止々呂美
営業時間 チェックイン:13:00
チェックアウト:11:00
アクセス <車でのアクセス>
新名神高速道路「箕面・箕面とどろみIC」/有料道路「箕面バイパス北口」交差点出口から約10分
駐車場 あり
料金 オールインワンテント45,000円
公式HP https://sbs.snowpeak.co.jp/minoh/

大阪府民の森ちはや園地キャンプ&BBQ

大阪で最も標高の高いキャンプ場

大阪では一番標高の高い場所にある「大阪府民の森ちはや園地キャンプ&BBQ」には、木の香りも清々しいバンガローと夏場だけになりますが常設テントがあります。バンガローは木材をふんだんに使った造りで、室内は木のベットやはしごで上がるロフトがあって子どもにも喜ばれそうです。園地にはピザ窯やBBQロストル、昔なつかしいかまどなどがあるのでさまざまな料理が出来ます。また園内の中心地には「ちはや星と自然のミュージアム」があり、ネイチャーガイドとのガイドウォークや星見台といった楽しみも用意されています。周辺にはツリーイングというロープを利用して木に登るアクティビティや、キャニオニングを体験出来る「エバーグリーン」で楽しみながら自然とあそびましょう。

施設名 大阪府民の森ちはや園地キャンプ&BBQ
住所 大阪府南河内千早赤坂村千早1313-2
営業時間 チェックイン:14:00
チェックアウト:11:00
アクセス <車でのアクセス>
阪和自動車道「美原北IC」→国道309号を南へ→富田林から約10分進み→河南町神山南交差点を右折→千早赤坂村森屋交差点を右折→千早ロープウェイ方面へ約20分
<公共機関でのアクセス>
南海高野線「河内上野駅」または近鉄上野線「河内上野駅」下車、南海バス「金剛山ロープウェイ前」行きで終点下車。ロープウェイ前からハイキングコースを徒歩約60分・またはロープウェイ「千早駅」から「金剛山駅」下車で徒歩約10分
駐車場
料金 バンガロー7,000円、常設テント(夏のみ)5,500円
公式HP http://osaka-midori.jp/mori/

HOTEL LODGE MAISIMA

大阪駅からわずか30分。BBQやログハウスなど、自然の中で気軽にアウトドア気分を楽しめるリゾート

「HOTEL RODGE MAISIMA」ではタイプの異なるアメリカ・カナダ・スウェーデン・フィンランドの4ヶ国のログハウスに宿泊できます。まるで自分の別荘のような感覚で過ごし、特別な時間を楽しみましょう。プラントハンターの西畠清順氏がプロデュースした「Palm Terrace」は周囲に南国を思わせる椰子の木が植えられ、なんとウッドデッキからも存在感満点の5mを超えるナツメヤシが葉を風で揺らしています。寝室はツインベットルームやトリプルとなっていて、窓からは庭の鮮やかな緑を望めます。敷地内には自然のなかでの食事ができるレストランが併設され、旬の食材を活かした美味しい朝食やランチなどがいただけます。

施設名 HOTEL LODGE MAISIMA
住所 大阪府大阪市此花区北港緑地2-3-75
アクセス <車でのアクセス>
阪神高速5号湾岸線「舞洲出口」から此花大橋を渡る
<公共機関でのアクセス>
大阪メトロ中央線「コスモスクエア駅」下車→北港観光バス「コスモドリームライン3系統」で「ホテル・ロッジ舞洲」下車すぐ、JR大阪駅から大阪環状線に乗換え「西九条駅」へ→JRゆめ咲き線で「桜島駅」→北港観光バス「舞洲アクティブバス2系統」で「ホテル・ロッジ舞洲」下車すぐ
駐車場
料金 【ログハウスPalm Terrace】8,500円~45,000円、【ログハウスM】7,100円~20,700円、【ログハウスL】10,100円~36,350円
公式HP https://www.lodge-maishima.com/
     

おすすめのグランピング施設