香川のグランピング施設のおすすめ5選!瀬戸内グランピングが今、熱い!

うどん好きな方の聖地でもある香川県には栗林公園や海の神様である金比羅山、オリーブ栽培で知られる小豆島、公共の空間に有名なアート作品が展示されている直島など見どころが沢山あります。お腹を満たすなら本場讃岐うどんを訪ねて、地元の人しか知らないお店を見つけてみるのも面白そうです。豊かな自然と食材にも恵まれている香川県では、どんな体験が味わえるかワクワクしてきます。おすすめ観光コースも豊富な香川県でグランピングを愉しみながら、ゆったりと過ごす時間をご紹介しましょう。

香川のグランピング施設の特徴や観光のおすすめは?

香川県といえば金比羅山といわれるほど、「こんぴら参り」は昔から一度は訪れたい観光地です。パワースポットとしても有名で、日本を代表するひとつの海の神様です。特に御本宮までの785段、奥本宮まででは1368段もある階段は訪れた人々を待ち受ける試練。これを乗り越えてお参りをすれば、ありがたみも一入となるでしょう。香川県の観光で待ち浮けているのは試練だけではありません。四国唯一のワイン工場の「さぬきワイナリー」の見学や試飲、小豆島では「天使の散歩道」と呼ばれる1日に2回だけ現われるロマンチックな砂の道、日本三大渓谷と呼ばれる寒霞渓、それに約1キロに及ぶ砂浜は夕刻時に鏡のように幻想的な景色を映し出し言葉にならないほどの体験があなたの訪問を待っています。

香川のグランピングのおすすめ人気5選

Glamorous Camping Twilight Village(グラマラス・キャンピング・トワイライト・ヴィレッジ)

香川県三豊市にある解放感に満ち、非日常的な環境で優雅なアウトドアを楽しめるグランピング施設

香川県三豊市にはNPO法人「日本列島夕日と朝日の郷づくり協会」によって認められた、美しい大浜海岸があります。グランピング施設の「Glamorous Camping Twilight Village(グラマラス・キャンピング・トワイライト・ヴィレッジ)」はこの海岸にあり、目の前で沈み行く夕日と空を輝かせる朝日を望むことが出来ます。大阪からは利用者専用のバスがあり、時間に追われることなく旅の行程をゆったりと過ごせます。施設に到着したらさっそく、お昼のBBQランチがお出迎え。メニューは瀬戸内海で獲れる新鮮な魚介類をはじめ、ハラミやウィンナーのほか旬の地元野菜が並びます。お腹がいっぱいになったところで、プライベートビーチ散をしながらや夕食までの時間を好きに使ってください。就寝時間まではフリードリンクつきなので、素晴らしい景色を肴にアルコールでの一時もオツです。

施設名 Glamorous Camping Twilight Village
住所 香川県三豊市詫間町大浜字峠甲727-1
駐車場 有(300円 ゴミ処理代)
料金 大阪から送迎・3食付プラン【コテージ】セレスタ&レーヴ 大人1名37,000円/泊、【テント】大人1名35,000円/泊
公式HP http://www.hammock-cafe.jp/twilightvillage/

ベッセルおおち 瀬戸内グランピング

香川県の東部に位置する東かがわ市にある、海を望む複合温泉施設

グランピング施設「ベッセルおおち」のモットーは、「東かがわの良さを多くの方に知って頂きたい」です。こちらは地元の方々で賑わう複合施設で、キラキラと光る瀬戸内海を一望出来る温泉施設やレストランにカフェ、居酒屋などが併設されています。テントはベル型が10張り、ロッジ・ログハウスが5室用意され好のみの部屋を選択可能です。夕食には地元の食材をたっぷりと使ったBBQが用意されており、新鮮な海鮮や肉類・野菜、うましの特製スープやおにぎりが付いています。翌日の朝食はベッセル3階のレストランでサラダやフルーツ、サンドイッチなどが食べられます。アクティブな楽しみには海でのSUPやフィンランド発祥のスポーツ「モルック」を、夜は満天の星空を眺めながら焚き火とこんがり焼いたマシュマロをほお張ってください。

施設名 ベッセルおおち 瀬戸内グランピング
住所 香川県東かがわ市馬篠1200
アクセス <車でのアクセス>
神戸方面→明石海峡大橋→津田東IC→ベッセルおおち着、 高松市内→国道11号線で約50分
料金 1泊2食付&アクティビティプラン【手ぶらでご当地BBQ】オーシャン・フロント 大人1名13,800円~/泊、オーシャン・パーク 大人1名9,800円~/泊、オーシャン・スイート 大人1名12,800円~/泊、グランピングロッジ ログハウス 大人1名9,800円~/泊
公式HP https://glampicks.jp/glamping/g269/

仁尾サンセットピーク

父母ヶ浜のある仁尾という町の美しい景色を楽しんでもらいたいとオープンした絶景キャンプサイト

「仁尾サンセットピーク」は香川県の父母ヶ浜にある、異色のグランピング施設です。日本の夕日百景にも選ばれるほど、言葉を失うくらいに幻想的な景色が目の前に現れる時間があります。それが父母ヶ浜の「天空の鏡」とも呼ばれる、砂浜いっぱいに空が映し出される夕暮れ時の瞬間です。異色の施設という所以は、1日2組のグランピングを運営しているのが古材や薪・ストーブなどを販売している会社であること。なによりも自分達が毎日見ている素晴らしい景色を、多くの人に愉しんで欲しいと始められた宿泊施設です。ベル型とドーム型のテントに宿泊し、敷地内には温水シャワーや水洗トイレと大自然を満喫できる露天の五右衛門風呂が整えられています。

施設名 仁尾サンセットピーク
住所 香川県三豊市仁尾町仁尾乙264
営業時間 チェックイン:14:00〜16:30
チェックアウト:8:30〜10:00
アクセス <車でのアクセス>
「三豊鳥坂IC」から車で約20分
<公共機関でのアクセス>
JR予讃線「詫間駅」下車→車で約15分
駐車場
料金 テントA・B (平日)4名利用22,000円/泊、土日祝26,400円/泊、お盆・大型連休30,800円/泊
公式HP http://www.kokiriko.jp/niosunsetpeak.html
     

おすすめのグランピング施設